BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

条件

旅で使用するミラーが欲しかったので、下記の条件を満たす物を探しました。

  1. 後ろを振り返らなくても後方確認できること。

  2. LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のドロップハンドルに装着できること。

結果

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2』を選択しました。
特に問題なく使用できています。

装着方法

LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のバーエンドキャップの取り外し

作業前のバーエンドキャップの状態

『バーエンドキャップ』の取り外し

作業前のバーエンドキャップの状態(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のハンドルバー内の想像画像)

『バーエンドキャップ』の取り外し

ゴムの部分を手で触ると硬く膨らんでおり、この状態でバーエンドキャップがハンドルバー内に固定されているようです。

3mmの六角レンチでネジを少し緩めた状態(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のハンドルバー内の想像画像)。

『バーエンドキャップ』の取り外し

ゴムの部分を手で触ると柔らかくしぼんでおり、この状態でバーエンドキャップごと引き抜くと外れる仕組みになっているようです。
もっとも私が試してみたところハンドルバーとバーエンドキャップのゴムが固着してしまっているようで複数日を要しましたが外せませんでした。

3mmの六角レンチでネジを完全に緩めた状態

『バーエンドキャップ』の取り外し

3mmの六角レンチでネジを完全に緩めた状態(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のハンドルバー内の想像画像)。

『バーエンドキャップ』の取り外し

六角ナットなどをハンドルバー内に落としたうえでボールポイント六角レンチを穴に差し込んでバーエンドキャップを引っ張りだしました。

バーエンドキャップを取り外した状態

『バーエンドキャップ』の取り外し

本製品はハンドルバー内径17mm以上で取付可能とのことですが、この状態でハンドルバー内径を測ったところ約19mmありました。

『BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2』の装着

3mmの六角レンチでネジを仮止めした状態

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

3mmの六角レンチでネジを締めて固定した状態(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のハンドルバー内の想像画像)。

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

臼が斜めにずれて固定される仕組みになっているようです。

『BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2』を装着した状態(正面から見た状態)

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

『BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2』を装着した状態(横から見た状態)

BUSCH+MULLER CYCLE STAR 901/2

選び方

実店舗で購入するか、『amazonの自転車用ミラー の ベストセラー』などを上位から順に見て自分が欲しいと思う条件を満たす物を購入すれば良いと思います。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)