GIYO GM-71

GIYO GM-71

条件

旅で使用する携帯ポンプが欲しかったので、下記の条件を満たす物を探しました。

  1. 米式バルブに対応していること(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』付属のタイヤチューブのバルブが米式バルブのため)。

  2. 50 PSIまで充填できること(『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』付属の『MAXXIS OVERDRIVE 26×1.75』のタイヤのサイドに下記の記載があるため)。

    INFLATE TO 345 kPa/50 PSI/3.4 BAR (MAX)

  3. 携帯性に優れていること。

結果

GIYO GM-71』を選択しました。
ゲージ付きのためタイヤの空気圧確認ができて便利です。
またフロアポンプのように体重をかけて使用できることもあり、使用しているタイヤの最大空気圧である50 PSIまで普通に充填することができました(仕様上は140 PSIまで充填可能とのことです)。

付属品

タイラップ×2PCS

荷物になるので携行しません。

台座ブラケット固定用ネジ×2PCS

『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のボトルケージ台座に取り付けるために使用します。
なお取付けには3mmの六角レンチを用意する必要があります。

ブラケット

『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のボトルケージ台座に取り付けるために使用します。

固定用バンド

荷物になるので携行しません。

英式トンボ口金

荷物になるので携行しません。

取付箇所

『台座ブラケット固定用ネジ×2PCS』と『ブラケット』を用い『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のシートチューブのボトルケージ台座に取付け

GIYO GM-71

この位置に取り付けた際は下記のようになります。

  • フロントディレイラーが干渉して『台座ブラケット固定用ネジ×2PCS』が奥まで入りません(取り付けることはできます)。
    なおこの位置に『Topeak Modula Cage EX』を取り付けた場合はフロントディレイラーが干渉せずボトルが奥まで入ります。

  • 格納式ステップを完全に格納した状態で『ブラケット』に固定することができません。

『台座ブラケット固定用ネジ×2PCS』と『ブラケット』を用い『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のダウンチューブのボトルケージ台座に取付け

GIYO GM-71

この位置に取り付けた際は下記のようになります。

  • 『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のシートチューブに取り付けた場合と異なり、『台座ブラケット固定用ネジ×2PCS』が奥まで入ります。

  • 『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』のシートチューブに取り付けた場合と異なり、格納式ステップを完全に格納した状態で『ブラケット』に固定することができます。

『タイラップ×2PCS』と『ブラケット』と『固定用バンド』を用い自由な場所に取り付ける

自由な場所に取り付ける方法は試していません。
CATEYE CC-VT210W』の取付けに複数日を要したことが示すように、不器用な私は一度取付けに失敗すると二度と使えなくなってしまうタイラップが苦手だからです。

取付箇所のお薦め

『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』に取り付ける際はダウンチューブのボトルケージ台座に取り付けるのが良いと思います(ボトルケージ台座に取り付ける製品が本製品のみの場合)。

選び方

実店舗で購入するか、『amazonの自転車用携帯エアポンプ の ベストセラー』などを上位から順に見て自分が欲しいと思う条件を満たす物を購入すれば良いと思います。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)