2013/05/04 雨に振り回されながら

日の出

今日から進むという決断を『2013/05/03』に行ったこともあり早起きした所、綺麗な日の出を見ることができました。
なお『2013/04/28』から感じる左足の痛みはまだ消えていないためゆっくり進みました。

出発地点

和歌山県東牟婁郡(ひがしむろぐん)那智勝浦町

経路

和歌山県東牟婁郡太地町(たいじちょう)

太地町観光案内所(太地駅内)

太地町観光案内所

下記の地図を入手しました。

  • 太地町ガイドマップ よう来たにぃ。(裏面は太地町ルートマップ)

もっとも国道42号沿いに寄ってみたい場所がなかったため進みました。

和歌山県東牟婁郡串本町

後述の串本町マップで小売店の場所を把握していたこともあり、『パン』と弁当を補給しました。
また野宿先を見つけることができました。

道の駅くしもと橋杭岩(はしぐいいわ)

道の駅くしもと橋杭岩

下記の地図を入手しました。

  • 串本町マップ

表面の地図で温泉や小売店の場所が分かりました。
また裏面の地図で縮尺が40万分の1の『ツーリングマップル 全日本』では分からなかった紀伊大島や潮岬(しおのみさき)への行き方が分かりました。
そして『2013/05/02』に道の駅なちの和室で休養していた時、私とは逆方向から自転車で走行してきた人とお話させていただき野宿先の名前を教えてもらっていたのですが、場所が分かりました。

樫野埼灯台(かしのざきとうだい)

樫野埼灯台 樫野埼灯台

紀伊大島の東端に来ました。
なお紀伊大島に到着したころから小雨が降り始め、樫野埼灯台まで進んで戻ってくる途中で雨が強くなりました。
もっとも雨宿りできそうな場所が紀伊大島西端の便所まで見つからず、数km雨に打たれることになりました。
それもあり明るい時間帯に潮岬に進むのは断念して和歌山県東牟婁郡串本町の中心部に戻った所、しばらくして雨が止みました。

串本温泉

串本温泉浴場サンゴの湯

串本温泉浴場サンゴの湯

雨に打たれた直後や『2013/05/02』以来の入浴ということもあり、大変気持ち良かったです。
なお入浴中から再び雨が降りだしたようで、入浴後『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』が雨に打たれていました。
そのため雨が止むのを待って『ウエス』を使用して『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』の拭き掃除を行った所、再び雨が降り出しました。
こうして雨に振り回されながら再び雨が止むのを待っていた所、雨が止む頃には外が真っ暗になってしまいました。
そのため下記の夜間走行用の装備を身につけた上で野宿先へ進みました。

カテゴリ メーカー名・ブランド名・商品名など
アセンブルパーツ(部品) Bikeguy バイクライトホルダー
テールライト CATEYE TL-LD155-R
ハンディライト GENTOS SG-325
ヘッドライト GENTOS GTR-931H

野宿

野宿

モンベル ムーンライトテント 2型』設営時には外が真っ暗だったため『GENTOS GTR-931H』を使用しました。

設備

大便器

尿意や便意を感じたときに同一敷地内に設備が備わっているため助かりました。

水道の蛇口

歯磨きなどができました。

主要走行路

  • 国道42号

  • 和歌山県道40号

  • 和歌山県道41号

和歌山県道40号や和歌山県道41号は三重県道128号(パールロード)ほどではないですが厳しい道でした。
特に和歌山県道41号は夜間に走行したこともあり外が真っ暗な状態での下り坂が大変でした。

CATEYE CC-VT210W』の計測結果

走行時間 6:30:33
走行距離 74.05km
積算距離 560km
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)